FC2ブログ

油まみれの缶詰日記

(主に)オンゲのプレイ日記。不定期更新ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風をまといし神の化身

愛ハムさんまが死んでから3日後には新しいハムスターお迎え。
新人のトロたんはなんだか…こう…うん。

一言で言うと弾力があります。

パールホワイト2匹居て1800円だったけどなんかセール中だったらしい。
900円で大人しそうな可愛い顔のをお迎え。
だけどなんか…お前すごい弾力あるね。
うちに来て全然日が浅いのにもう人間に掴まれる事に慣れてます。
普通1週間くらい慣れるまでほっとくんですが人間がほっとけないモノでして。

若いハムスターってこんなに弾力あったっけ?


追記から軽く小説読めます。
なんかいっそそっち系のお仕事探そうかなWEBクリエーターみたいな…。
そう思うくらいROで書きあさってますね。
書きすぎ自重…する気は無い。









------------------------------

「人は強いものよ そして儚いものよ」


誰の言葉だったか。
あぁ、娼婦で仲良くしてもらっていたお姉さんの言葉か。
よく構ってもらったり、娼館の方に泊めてもらったっけ。
顔がいいからってマスターにも良くしてもらった。
僕が本格的に冒険者となるまではお世話になった。
あの人たちは、今一体どうしているのかな…


カチ、とピースが埋まった。

そんな表現が合うくらいスッキリと勢い良く起き上がれた。
時間は真夜中だろう。
セイレンさんが隣でまだ寝息を立てていると言うことはまだ夜更けなんだろう。
僕が危害を加えないとは言ってもこの姿は。



「無防備。すぎるんじゃないかな…?」



ぷにぷに頬を突くが深い眠りの中らしい。
反応すらしないのは少し寂しかったが同時に僕の中で悪夢がよみがえる。
プリーストとして医者をしていた時、病気や怪我で死ぬ人を何度も見た。
ゆっくりと命が消える感覚、肉体が肉塊になる瞬間。
彼らはやがて血の気を失って、真っ白な肌になって、それを何度悪夢として再現しただろう。
でもセイレンさんは寝ているだけであって冷たくなるわけじゃない。
だけど気分が優れない。

少し外の空気を吸おうと窓を開けた。

夜風は冷たかったけど、冴えた月と星空が優しくて。



「おい」
「…起こしましたか。」
「構わん、それよりも風邪を引くぞ」



言葉に出したかった。

ねぇ、どうして貴方は僕だけ残したの?
ねぇ、どうして貴方は優しくしてくれるの?
ねぇ、どうして貴方は僕を守ってくれるの?

言葉にしたら、それで終わりそうで。
言ってしまったら最後、殺された仲間達の元に向かうかもとか。
残っているのは同じ月夜に生きて帰ろうと飲み明かした記憶。
残されたのは死ぬことを許されず飼いならされた僕。
言葉も何も残らない、それで終わりにしてくれと言っているみたいで。



「うらぎり…もの。」
「?」
「僕は…卑怯ですね、今も昔も。仲間を捨てて生きてる。」



昔は弟達を守るために捨てていた。
今は自分を守るために仲間を見殺しにした。
僕の髪に何か差し込まれた。
冷たい金属。
剣の類じゃなく、もっと細い何か。



「お前には椿のかんざしが良く似合うな」
「冬…ですか」
「昔は良くかんざしを付けて人を誘っていたな、懐かしい」



確かに娼婦のお姉さん達の着せ替え人形として遊ばれてた。
かんざしやたまに着ていた「キモノ」はお姉さん達や娼館の主人の趣味。

恭ちゃん綺麗だけど、なんだか儚げになるね

消えてしまいそうだ。
そう言われてその日のお客さんにもこうして頭を撫でてもらってかんざしをつけてもらった。
お前には椿が似合う、儚く美しい赤が良く似合う。
騎士で、綺麗な銀髪の人だった。



「儚いが…やはりお前には椿の儚い赤が良く似合うよ 恭」
「…!!?」
「ようやく捕まえたんだ、ここに囚われてからもずっとお前を待っていた」
「嘘…嘘だ、だって僕は偶然ココに来て、気まぐれで…」
「あの頃は一晩捕まえるのがやっとだった。次の晩にはフラフラと他の奴へ…」
「だって、お金稼がなきゃ…!」
「裏切り者が。」



強く抱きしめられた。
セイレンさんは綺麗に笑っていた。
裏切り者、もう離さない。
暗にそう言われて鳥肌が立って。



この衝動はどこから来るの?

この人の全部を飲み干して、貪りつくして

僕無しじゃいられないような中毒者にして跪かせたい。



ぱたり、と窓が閉められてベッドに連れて行かれた。
現実感がまるで無くて、夢の中に居る気分。
覚めない夢なら、ずっとココにいたい。
強く、儚い、この人のそばにずっと居たい。


(恭ちゃん、人間はね、強く儚いからキレイなんだよ)


椿のかんざしは、今も僕の胸元を飾る。
愛しい貴方は今だけ少し遠い。
だけど次に会うときは、二度と離さない。



「ただいま、恭弥。」




--------------------------

風神少女聞いてたのにいつの間にCoccoになったんだわし。
川口真理子ガンダム!←ロマンシングサガラを聞いて最終調整
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


ああああ・・・Coccoぉぉぉ!強く儚い者たち好きデスヨ。風神少女良いデスネ…マスターは相変わらずツボ突いて来ます(*´Д`)

新しいハムたんのお迎えおめでとうございます。元気に育てー!ヾ(*´∀`*)ノ

恭たまマジ可愛い…(*´Д`)すいません変なコメント残して…!w
【2008/03/31 13:53】 URL | せしー #08QwlYcI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://crossx.blog16.fc2.com/tb.php/288-d9c88e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ツナ。(白夜)

  • Author:ツナ。(白夜)
  • 音ゲー好きな引きこもり。
    家事をしながら暇を見てはPCで遊んでいます。たまに欝でいい加減にしろみたいなこと言いますが一時の感情なのでお気になさらず。
    ぶっちゃけヲタクなのでご注意。
    たまに小説投下するので更にご注意。

月別アーカイブ
カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。